金額から考える

超高層マンション

投資顧問と言えば、高めの料金設定だと月に10万円に迫る金額が設定されている事もあります。 10万円はサラリーマンの平均月収の3分の1にも上る金額です。 この料金では、一般人が利用するのは敷居が高いと言えます。 しかし、投資顧問は高額案件ばかりではないのをご存知でしょうか。 中には、1万円からスタート出来るものも数多くあります。この場合は、電話サポートは無しで、レポートなどのレター方式で投資アドバイスをする方法になります。 特に見逃せないのは、無料や割引でお試し期間を設けている場合です。 例えば1ヶ月間無料です。初回から3ヶ月間は半額です。 このような内容で、利用しやすくしている投資顧問業者もあります。気軽に利用してみてから、どのようなものを体験してみる事は、まさに「百聞は一見にしかず」です。

投資顧問業が誕生してから、海外での多くの利用者は富裕層だったと言われています。 つまり、お金を持つ富裕層はお金の知識を持っていると思われがちですが、投資をするために、投資顧問業を利用していることも多かったのです。 富裕層も投資のアドバイスを得て、取引していたのですね。 このように、歴史を振り返ると投資顧問は、主に富裕層向けだったと言えます。 日本にも富裕層を専門としている投資顧問もあります。 その一方で、多くの人が利用出来るように大衆向けのサービスを提供している所も増えてきました。 一対一のアドバイスではなく、レポートなどで投資アドバイスをするのが普及したのも、大衆向けサービスの一環となっています。 レポートの一つの良さは、何度も読み込める事です。相場の難しい内容が出てきたとしても、何度も読み込んで見ると理解しやすくなっていきます。