株価算定のやり方

超高層マンション

株式会社の発行する株式の価値は、上場株では市場取引価格が公表されていますので、比較的わかりやすいのですが、非上場株では、公開の取引がありませんので、株価算定が難しくなります。 このような株価算定をする方法には2通りあり、その1つが純資産価格方式です。この方式では、その時点での企業の持つ純資産に着目します。元になるものは、その企業の直近のバランスシートです。これは、客観性の高いため誰にでもわかりやすいという利点があります。 ただし、この純資産価格方式は、その企業が過去に蓄積してきた資産のみで株価算定します。そのため、現在のの収益率や会社の将来性などは、考えに入っていませんから片手落ちの部分があります。

純資産価格方式は、企業の資産(ストック)に着目する方法でしたが、収益方式は、その企業のお金の流れ(フロー)に着目して株価算定をします。これは、詳しくは収益還元法と呼ばれていますが、直接還元法とDCF法の2つのやり方があります。 直接還元法は、直近の収益を還元利回りで割って得られる収益価格で株価算定をします。こちらは補助的に使われることが多く、次のDCF法がメインになります。 DCF法は、収益を資産と見て、それを将来にわたって得られるとした時に、それを一定の割引率で割引いた割引現在価値で現在の株価算定をします。 株価算定では、こちらの収益方式が重視されますが、将来の不確定さがありますので、純資産価格方式よりは客観性がありません。