大阪での投資マンションを

マンションの模型

大阪は商店街が活発で、その周囲の開発は進んでいくものと想定することができます。投資マンションはそういった地域でのニーズを上手く汲み取り、部屋をリフォームするなどして投資マンションの競争相手ての差別化を図ることが大切になります。

株価算定のやり方

タワーマンション

未公開株などの株価算定には、色々な方法がありますが、純資産価格方式と収益方式が良く使われます。純資産価格方式は、資産(ストック)から株価算定します。一方、収益方式は、お金の流れ(フロー)から株価算定をします。前者は客観性が高いやり方ですが、後者の方が重視されます。

会社を比較して選ぶ

分譲マンション

不動産投資会社の評判に掛かる価格や金額の傾向として、費用が掛からずに利用することができます。実際に知人から情報を得ることも可能ですが、最近では比較サイトや口コミサイトを活用する人が増えています。

金額から考える

モデルルームインテリア

月に10万円ほどの費用が発生する投資顧問は、サポートしてくれる企業なども数多くあるため、まずは自分に適した企業を見つけることが大切です。富裕層を専門に扱った投資顧問もあります。

私設年金について

超高層マンション

高齢化社会が進む中で、将来的には更に公的年金の受給額が減らされると考えるのが一般的です。しかし早めに私設年金を活用して老後に向けて準備することで、豊かな老後生活を実現することが可能です。その場合には公的年金に加えて、毎月10万円程度上乗せできる私設年金を用意するのが理想的です。そして10万円を上乗せするためには、不動産や株式などを含めて、様々な方法で資産運用を行うのがポイントです。その場合には3000万円程度の投資資金を準備して、様々な投資対象にバランスよく分散投資するのが理想的です。そのためには私設年金にも適した毎月分配型の投資信託も活用しながら、一人一人に合わせてポートフォリオを構築するのが賢い方法です。

数十年前であれば、生命保険会社の個人年金を活用するのが最も一般的な私設年金のプランです。しかし超低金利状態が継続しているので、個人年金の人気が低下しているのが現状です。その一方で最近では高利回りが実現可能な様々な投資向け商品を活用して、一人一人がオリジナルの私設年金のプランを構築するのがトレンドです。その中でも最も代表的なのが賃貸経営であり、アパートやマンションへの投資を行って毎月安定した家賃収入を得るのが理想的なスタイルです。しかし値ごろ感のある株式も人気が高まりつつあり、業績の安定した銘柄で運用して老後資金を確保するスタイルも大人気です。特に高配当銘柄や優待のある銘柄であれば、豊かな老後生活を実現したいときにも役立てることが可能です。

オススメリンク

  • 東京の投資マンション見比べサイト

    投資マンションを東京エリアで見つけだしたいと考えているならサイトが必見です。初心者に役立つ情報を紹介しています!

ピックアップ